店舗詳細

  • 炭焼肉 石田屋。本店
  • 炭焼肉 石田屋。Hanare
  • 炭焼肉 石田屋。Hanareの上
  • 炭焼肉 石田屋。トアロード
  • 神戸牛ステーキIshida。本店
  • 神戸牛ステーキIshida。三宮
  • 神戸牛ステーキIshida。北野坂
  • 神戸牛ステーキIshida。生田新道
  • 神戸牛 石田

神戸ビーフの歴史

鎖国政策が無くなると長崎、横浜、神戸に外国人が住むようになりました。そして外国人が神戸でステーキを食べるために開いたお店から、ブランド和牛の誕生へと発展しました。こちらでは、世界で有名な神戸ビーフの歴史について、ご紹介いたします。

牛は働きもの

日本は仏教の影響で、肉食を避ける食文化を持っていました。牛も食べるための家畜ではなく、農耕や運搬が中心の使役牛の役割を持っていました。
兵庫県の北にある但馬地方は、昔から豊かな水と山草に恵まれた地域です。そのため自然と牛が住みつき、日本有数の牛の生産地になりました。
およそ1,200年前の古書には、すでに但馬牛という記載があります。そして現在にいたるまで、国産牛としての血統が守られているのです。

明治時代

幕末から明治維新を経て、多くの外国人たちが居留地にやってきました。しかし日本で牛肉を食べる習慣が無かったため、ステーキが食べられませんでした。
そこで神戸で有名な但馬牛に目をつけ、苦労して牛を解体し、食べたといわれています。国内で文明開化が広まると、牛肉を食べる習慣が推奨されました。
初代総理大臣の伊藤博文も、神戸牛が大好物だったといわれています。そのため日本人が経営する屠殺場も増えていき、神戸でも明治4年に牛肉店が始まりました。
それに伴い荷役牛だった但馬牛は、食肉用としての評価が高まりました。

神戸牛ができるまで

牛肉が多くの人に食べられるようになると、神戸ビーフの定義について消費者から疑問の声があがりました。そのため兵庫県が協賛して銘柄の認定基準を定める、神戸肉流通推進協議会が設立されました。神戸肉流通推進協議会は消費者、流通関係者、生産者の関係団体で構成されています。神戸ビーフの基準は、まず兵庫県産の但馬牛であること。処女牛もしくは去勢牛で、食べられる部分の割合(歩留等級)がA・B/4等級か、A・B/5等級であること。霜降りの度合い(BMS)がNo.6以上、枝肉重量が470kg以下であること。肉質のしまり、きめ細かさが優れていることです。基準を満たしたものには菊の判が押され、神戸肉之証が交付されます。
そして神戸ビーフ、神戸肉、神戸牛から呼称を選ぶことが可能になります。

神戸市三宮にある当店は、店主自らが3箇所の契約牧場をまわり、厳選した神戸牛だけを提供しています。
最高のランチやディナーを演出し、記念日や宴会などのシーンに応じてご利用いただけます。また三宮から近いので、とても便利です。是非ご活用ください。

三宮で神戸牛焼肉・神戸牛鉄板焼き・神戸牛ステーキなら【石田屋】概要

サイト名 石田屋
本店所在地 〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通1-20-9
本店電話番号 078-392-2988
URL http://www.kobe-ishidaya.com
説明 人気の神戸牛焼肉・神戸牛鉄板焼き・神戸牛ステーキを三宮で堪能するなら【石田屋】へ。ディナーはもちろんランチもおすすめです。「焼肉・本店」「焼肉・hanare」「ステーキ・本店」「ステーキ・三宮店」と4店舗で展開しております。三宮で最高級の神戸牛をご用意してお待ちしております。
日本
都道府県 兵庫県
市区町村 神戸市中央区