神戸三宮の焼肉、ステーキ「石田屋」で歓送迎会を

神戸牛の保存について

神戸牛の保存について

神戸牛を通販サイトでお取り寄せしたり、ギフトとしていただいたりした場合はどのように保存されるでしょうか。品質や風味などの新鮮さを保ちながら、美味しく食べるための保存方法について、ご紹介いたします。

冷凍する

牛肉は冷凍庫で3週間ほど保存することが可能です。まず冷凍前にしっかりと密封して、空気による酸化を防ぐ必要があります。神戸牛の焼肉など、薄切り肉の場合はお肉が重ならないように注意して、一食分をまとめてラップで包みます。ステーキなどのブロック肉の場合は、大きいためラップを二重にします。
あらかじめ小分けにして保存しておくと、食べるときに分けずに済み、使わないお肉の酸化を防ぐことができます。

またひき肉の場合は空炒りを行い、一食分ずつラップに厳重に包むと長持ちします。
さらに密封容器やポリ袋の中に入れ、冷凍庫に保存します。神戸牛を冷凍するポイントは急速に冷凍することです。0度からマイナス5度の冷気を通し、マイナス2度くらいで凍った状態がベストです。そのため冷凍は夜間やお出かけ前に行うようにし、冷凍中は冷蔵庫の開け閉めはなるべく控えるようにしましょう。

冷蔵庫で解凍

冷凍した神戸牛を食べるときは、時間をかけて解凍する緩慢解凍がおすすめです。冷凍のまま調理すると、内部は生なのに表面は焦げるなど、火の通りが極端に悪くなります。また常温の自然解凍を行うと、水分の蒸発や脂肪の酸化を引き起こす、冷凍やけの原因に繋がります。さらにお肉から出る肉汁(ドリップ)が多いと、お肉に含まれる栄養分や旨味が抜けてしまいます。菌の繁殖も活発になるため、風味もかなり落ちるでしょう。できれば食べる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移動して、一晩から一日かけてゆっくり解凍すると美味しくいただけます。

電子レンジで解凍

どうしても急いで解凍したい場合は調理直前にラップをすべて取り除き、神戸牛の下にキッチンペーパーを敷いて電子レンジで解凍します。
もしも大きいブロック肉であれば、アルミホイルなどで包んで加熱すると、熱が均等になり効率よく解凍できます。解凍時間は短めにし、ワット数は一番弱めに設定します。そして解凍具合を見ながら、ゆっくりと行いましょう。せっかくの美味しい神戸牛も冷凍・解凍の仕方で味が変わってしまいます。
是非意識して調理してください。

当店は最高級の神戸牛を、お店や通販ショップで提供しています。
サーロインステーキやヒレステーキ、焼肉用など、様々なお肉を豊富に取り揃えています。是非ご利用ください。

三宮で神戸牛焼肉・神戸牛鉄板焼き・神戸牛ステーキなら【石田屋】概要

サイト名 石田屋
本店所在地 〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通1-20-9
本店電話番号 078-392-2988
URL http://www.kobe-ishidaya.com
説明 人気の神戸牛焼肉・神戸牛鉄板焼き・神戸牛ステーキを三宮で堪能するなら【石田屋】へ。ディナーはもちろんランチもおすすめです。「焼肉・本店」「焼肉・hanare」「ステーキ・本店」「ステーキ・三宮店」と4店舗で展開しております。三宮で最高級の神戸牛をご用意してお待ちしております。
日本
都道府県 兵庫県
市区町村 神戸市中央区